top of page

♯または♭のついた楽譜に慣れよう!/Familiarize yourself with sheet music with # or ♭!

♯または♭のついた楽譜を尺八で吹く前に次の点を確認しておきましょう。/ Before playing a note with sharp or flat on the shakuhachi, first check the following points.


1. ♯または♭にはどんな意味があるのか?/What does the accidental (♯♭) mean?

 五線譜にはただメロディーを知るだけでなく、曲の構成やコード進行を知る上でも重要な役割があります。五線譜に登場する♯♭の意味を確認しておきましょう。大きく分けて以下のような二つの意味があります。/Stave notation plays an important role not only in knowing the melody, but also in knowing the song structure and chord progression. First, let's review the meaning of ♯♭ that appears in the stave notation. It has two major meanings as follows.


 A)曲の調(key)を示すために用いられます。この場合♯/♭は五線譜の左端にある音部記号(ト音記号やヘ音記号など)の右側に書きます。ハ長調=C major は♯も♭も付かない調です。それ以外の調=keyには必ず1つ以上の調音記号♯もしくは♭が付きます。/[A] It is used to indicate the key of the piece. In this case, #/♭ is written to the right of the clef (G clef, F clef, etc.) on the left end of the staff. The key of C major has neither ♯ nor ♭. All other keys must have at least one ♯or♭ .

 B)曲の調(key)を示すのとは別に、音符の左側に書いてその音を一時的に「半音上げる:♯」または「下げる:♭」という指示与えます。もし全音(一音)の上げ下げを指示したい時には♯または♭を2個並べて書きます。/[B] In addition to indicating the key of the piece, the left side of the note is used to temporarily raise or lower the note by a semitone: ♯ or ♭. If you want to raise or lower a whole note, write two ♯ or ♭ in a row.


尺八の譜面にもメリ(音を下げる)カリ(音を上げる)の名が付いた譜があります。音の上げ下げを指示するという点ではと似ていますが、尺八譜はあくまでも指使いを指示した奏法譜(タブラチュア譜)です。したがって、例えば同じ「ツのメリ(琴古流)=ツの半音(都山流)」でも使用する楽器の長さ(調)によってその絶対音程は変わります。それに対して五線譜に出てくる♯や♭は絶対音程に対して、その上げ下げを指示する記号です。尺八譜の「メリ」や「カリ」には A)に示した「調号」の意味はありませんし、B)に示した「臨時記号」の意味もありません。/Shakuhachi notation also has symbols with names such as MERI and KARI that indicate the lowering or raising of a note by a semitone or a whole tone, which is similar to #♭. However, shakuhachi notation is tablature notation, which indicates fingering. Even if the fingering is the same «Tsu_Meri (Kinko-ryu) = Tsu_HanOn (Tozan-ryu)", its absolute pitch will vary depending on the length (key) of the instrument you are using. MERI and KARI do not have the meaning of the key signature shown in [A] ,nor the temporary symbol shown in [B].


2.「ドレミファソラシド」の音程構成

 1オクターブ内にある12個の音を 全全半全全全半(ド・レ・ミファ・ソ・ラ・シド)の音程差で並べた音階が「ドレミファソラシド」という音階です。隣り合う2音の音程差はファ、シ がどちらも半音で、それ以外、ファの音程差はすべて全音(半音+半音)です。/Let's look at the scale "Do Re Mi Fa Sol La Si Do" in terms of the distance in pitch between two adjacent notes. The distance between the notes «Mi» and «Fa» and «Si» and «Do» are both half steps (semitones), while the distance between the notes «Do» and «Re», «Re» and «Mi», «Fa» and «Sol», «Sol» and «La», and «La» and «Si» are all whole steps (half tone + half tone). We can see that the scale «Do Re Mi Fa Sol La Si do» is made up of seven notes arranged in the order of WWHWWWH (Do Re MiFa Sol La SiDo) in terms of pitch interval difference.

この12個の音のどれから始めてもダイアトニックスケール(ドレミファソラシド)」が同じように成り立つというのが平均律の考え方です。12種のダイアトニックスケールこの音階に使う12音はCDEFGABとこのCDEFGABにシャープ(半音上)かフラット(半音下)をつけてあらわします。/The idea of the equal temperament is that "Do Re Mi Fa Sol La Si Do" is equally valid no matter which of the 12 notes within an octave you start from. The twelve tones used in this scale are represented by CDEFGAB plus a sharp (semitone up) or flat (semitone down), as needed, in addition to CDEFGAB.


1 C

2 C♯=D♭ 嬰ハ=変二

3 D

4 D♯=E♭ 嬰ホ=変ホ

5 E

6 F ヘ

7 F♯=G♭ 嬰へ=変ト

8 G

9 G♯=A♭ 嬰ト=変イ

10 A イ

11 A♯=B♭ 嬰イ=変ロ

12 B ロ


3)各調と♯/♭の関係は?

 ハ長調=C majorは♯も♭もつかない調です。 ダイアトニックスケールをCの5度下(4度上)のFから始めると(ドをFにすると)とどうなるでしょうか。あたらしいダイアトニックスケールは、ド(F) レ(G) ミ(A) ファ(B♭) ソ(C) ラ(D) シ(E) という並びになり、4番目のファ(B♭)に調号の♭が1つ出てきます。 全全半全全全半(ド・レ・ミファ・ソ・ラ・シド)の順番維持するためにBを半音下げてB♭とします。なおシドの所はE|Fという並び(音程差がもともと半音)なのであえて調音記号をつけなくても半音差が維持されます。これがヘ長調=Fmajor のダイアトニックスケールです。

さらにこのヘ長調=Fmajor のダイアトニックスケールの5度下(4度上)の音であるB♭からダイアトニックスケールを始める(ドをB♭にすると)とどうなるでしょうか。あたらしいダイアトニックスケールはド(B♭) レ(C) ミ(D) ファ(E♭) ソ(F) ラ(G) シ(A) という並びになり、やはり4番目のファ(E♭)の所に調号の♭が1つ出てきます。はじまりの「ド」がB♭のため、このスケールではフラットが併せて2個必要になります。これを繰り返して行くと基準となるダイアトニックスケールの5度下(4度上)から始まる新しいダイアトニックスケールを作るたびに「ファ」の位置にフラットが一つづつ増えて行き、原理的には12回目にはハ長調=C major のダイアトニックスケールに戻ります。


ただ上の規則を踏襲して♭記号だけで12の調(キイ)すべての「ドレミファソラシド」を表示しようとするとひとつの音に対して2個の♭をつけなくてはならなくなります(たとえばCをD♭♭と書くことになる)。このやり方は五線譜につける調号としては実用的ではありません。実際には12の調(キイ)の半分は♭でもう半分は♯を使って表示します。

具体的には、C major のダイアトニックスケールを5度上のGから始めると(ドをGにすると)ド(G) レ(A) ミ(B) ファ(C) ソ(D) ラ(E) シ(F♯) という並びになり、7番目のシ(F♯) の所に調号の♯が1つ出てきます。シ(F♯)が もし F のままだと次のド(G)との音程差が全音(半音+半音)となってしまい、 全全半全全全半(ド・レ・ミファ・ソ・ラ・シド)の順番が崩れてしまいます。一方ミファの所はB|Cという並び(音程差がもともと半音)なのであえて調音記号をつける必要がありません。これがト長調=Gmajorのダイアトニックスケールです。以下これも同じことを繰り返すと12回目でC major のダイアトニックスケールに戻りますが、上に述べたように6回目のところでフラットを使った表示に切り替えます。


以上のことを表にしたものが「五度圏/Circle of Fifth」と呼ばれる図です。



調音記号がどんな順番で増えていくかを理解するには便利な表です。なお円の内側は長音階の「ドレミファソラシド」を「ラ」から始めた短音階「ラドレミファソラ」の調を表していますが、この関係は平行調と呼ばれますす。例えばへ長調=F major の平行調はニ短調=D minorです。




3. ハ長調=C major以外の調(key)でも「ドレミファソラシド」を吹けるようにしておくことの利点は何か?/What is the advantage of using an 1.8-tube 5-hole shakuhachi to be able to play "Do Re Mi Fa Sol La Si Do" in a keys other than C major ?


 尺八でさまざまな調(key)の「ドレミファソラシド」を吹こうとすると、当然ですが調(key)によっては基本5音を充分に使えないケースが出てきます。1.8管5孔尺八であれば、ハ長調=C major、ヘ長調=F major、変ロ長調=B♭major のダイアトニックスケールでは基本5音(DFGAC)すべてが使えます。変ホ長調=E♭major になると基本5音のうち使える音は4個(DFGC)に減ります。調号に♯や♭が増えて行けばそれに伴って基本5音の使用率が減りますが、たとえば変ト長調=G♭major(調号としては♭の数が6)では使える基本5音はたった1個(F)しかありません。/If you try to play "Do Re Mi Fa Sol La Si Do" in various keys on the shakuhachi, you may not be able to use all the basic 5 tones depending on the key. 1.8 pipe 5 hole shakuhachi can use all the basic 5 tones (DFGAC) in C major, F major, B flat major. In the key of E-flat major, the number of tones that can be used is reduced to 4 (DFGC). As the number of ♯ and ♭ increases in the key signature, the usage rate of the basic 5 tones decreases accordingly. For example, in G-flat major (key signature: 6♭), there is only one basic 5 tone (F) that can be used.


使える基本5音が少ないと言うことはその分メリ音の使用頻度が増えるということですが、メリ音の中には基本5音と同じような響き方をしないものもあります。西洋式フルートは平均律を構成する12音をなるべく「均一」の音量/音質で響かせるように設計されていますので12のキイすべてで「ドレミファソラシド」を吹くのはもちろん、♯や♭がたくさん付いた曲を吹く場合も、響き方そのものはさほど気にならないと思います。しかし、5つの孔しかもたない、言わば「古典的な」フルートである尺八は、そもそも12音を「均一」に響かせるために作られた楽器ではありません。たとえば1.8管5孔尺八一本で♯や♭がたくさんある曲に対応するのは正直なところ無理があるかと思います。しかし、それでもなお、12すべての調(key)で「ドレミファソラシド」を吹けるようにしておくことには以下のような意義があると思います。/The fact that there are fewer of the five basic tones available means that the MERI tones are used more frequently. However some meri-tones do not sound the same as the basic five notes. On the other hand, the Western-style flute is designed from the beginning to sound the twelve notes in terms of volume and sound quality. However, the shakuhachi, a "classical" flute with only five holes, so to speak, was not originally designed to sound twelve notes "evenly". For example, I think it would be quite impossible to handle a piece with many sharps and flats with a single 1.8 tube 5 hole shakuhachi. However, I still think it is significant to be able to play "Do Re Mi Fa Sol La Si Do" in all 12 keys, as shown below.s


・西洋音楽の仕組みに慣れる/Familiarize yourself with the Western music system

・コード進行を理解する/Understand chord progressions

・自分の楽器の特性を知る/Know the characteristics of your instrument


12音を均一の音質/音程で演奏するのが難しいという性格は一見楽器のデメリットに思えますが、12音が平均的に鳴るように開発された西洋式フルートとは違って、いわゆるメリやカリを使って得られる一音一音にそれぞれ違ったキャラクターが宿っているところが尺八の良いところです。特に古典本曲ではむしろこうした音質の「非均一性」が曲想や音楽性を形作るうえで大変重要な要素になっています。クラシックやジャズの演奏をする場合にも、そうした尺八ならではの特徴を意識して音作りをすることで独特の音楽性を表現できるのではないかと思います。/The nature of the difficulty of playing 12 notes with uniform sound quality/pitch could be a disadvantage of the instrument. But, unlike the Western-style flute, which was developed to produce an average sound of 12 notes, the good thing about the shakuhachi is that each note obtained with the so-called MERI or KARI has a unique character. Especially in classical pieces of KOTEN-HONKYOKU unique sound quality is a very important factor in shaping the musicality of the piece. When playing classical music or jazz, I believe that we can express a unique musicality by creating sounds with such characteristics of the shakuhachi in mind.

閲覧数:9回0件のコメント
bottom of page